お知らせ【重要】

【周知依頼】新型コロナウイルス感染症に関する情報について(令和2年4月3日時点)

関係者 各位(令和2年4月2日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁から新たな新型コロナウイルス感染症に関する情報提供が

ありましたのでご連絡致します。

 

皆さまにおかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえ、適切にご対応いただくとともに、

各団体加盟団体及び関係者等に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

200401新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言(2020年4月1日)

―――――〔以下スポーツ庁からのメール内容〕――――――――――――――――――――――――――

◆「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年4月1日)について(スポーツ庁)

新型コロナウイルス感染症対策関係で、情報共有です。

昨日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が開催され、

「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年4月1日)が示されました。

こちらにおいては、感染のまん延状況に応じて、「感染拡大警戒地域」、「感染確認地域」、「感染未確認地域」の

3つに区分し、それぞれの地域区分の考え方を示すとともに、各自治体で感染拡大防止のために想定される対応が示されています。

また、市民の行動変容をより一層強めていくために、・「3つの密」(これまで集団感染が確認された場に共通する、

3つの条件が同時に重なる場)をできる限り避けること。

・ジム、卓球など呼気が激しくなる室内運動の場面で集団感染が生じていることを踏まえた対応をしていただくこと。

・こうした場所では接触感染等のリスクも高いため、「密」の状況が一つでもある場合には普段以上に手洗いや

咳エチケットをはじめとした基本的な感染症対策の徹底にも留意すること。(※下記リンクP9参照)

等の取組を徹底する必要がある旨が提言として示されました。

 

本提言も踏まえ、引き続き安全確保に細心の注意をはらっていただくとともに、感染拡大防止への御協力をお願い致します。

 

本件について、御確認いただくとともに、各スポーツ関係団体におかれては、加盟・登録団体に対して、周知いただくようお願いします。

 

○新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言(2020年4月1日)

(※添付のPDFファイルとなります。)

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000617992.pdf

(参考情報)

○「3つの密を避けましょう」(厚生労働省HP掲載リーフレット)

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000614802.pdf

 

○「「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法」(厚生労働省HP掲載リーフレット)

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000616064.pdf

 

どうぞよろしくお願いいたします。

―――――〔以上〕―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


関係者 各位(令和2年4月2日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁から新型コロナウイルス感染症に関する

新たな周知依頼がございましたのでお送りいたします。

皆さまにおかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

各団体加盟団体及び関係者等に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

―――〔(第六報)〔以下スポーツ庁からのメール内容〕―――――――――――――――――――――――

◆(第六報)新型コロナウイルス感染症への水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置

標記の件につきまして、さらなる措置が決定いたしましたので、ご連絡いたします。

 

昨日、第25回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、新型コロナウイルス感染症への

水際対先の根本的強化に向けた新たな措置追加として、以下の項目が4月3日午前0時から、実施されることとなりました。

 

〇入国拒否対象地域の追加(法務省)

入管法に基づき入国拒否を行う対象地域として、以下49か国・地域の全域を指定。

14日以内にこれらの地域に滞在歴のある外国人は、特段の事情がない限り、入国拒否対象とする。

(注)アルバリア、アルメニア、イスラエル、インドネシア、英国、エクアドル、エジプト、オーストラリア、

カナダ、韓国、北マケドニア、キプロス、ギリシャ、クロアチア、コソボ、コンゴ民主共和国、コートジボワール、

シンガポール、スロバキア、セルビア、タイ、台湾、チェコ、中国(香港およびマカオを含む。)、チリ、

ドミニカ国、トルコ、ニュージーランド、パナマ、ハンガリー、バーレーン、フィリピン、フィンランド、ブラジル、

ブルガリア、ブルネイ、米国、ベトナム、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボリビア、ポーランド、マレーシア、

モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、モーリシャス、ラトビア、リトアニア、ルーマニア

※本措置を受け、入国拒否を行う対象地域は、合計で73か国・地域となります。

※実施前に外国を出発し、実施後に本邦に到着した者も対象です

※4月3日午前0時から当分の間実施

 

〇検疫の強化(厚生労働省)

(1)14日以内に、上記の入国拒否対象地域に滞在歴のある入国者について、PCR検査の実施対象とする。

なお、本措置の以前に入国拒否対象として指定された地域に14日以内に滞在歴のある入国者についても、

これまでの運用と同様に、PCR検査の実施対象とする。

(2)すべての地域からの入国者に対し、検疫所長の指定する場所で14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請。

※(1)については、4月3日午前0時から当分の間実施

※(2)については、4月3日午前0時以降に本邦に来航する飛行機又は船舶を対象とし、4月末日までの間実施(更新可)

 

○到着旅客数の抑制(国土交通省・外務省)

検疫の適切な実施を確保するため、外国との間の航空旅客便について、減便等により到着旅客数を抑制することを要請。

ただし、帰国を希望する在外邦人や海外渡航者の円滑な帰国のため、情報提供や注意喚起を含め、適切に配慮。

・4月3日午前0時から4月末日までの間実施(更新可)

 

○査証の制限等(外務省)

(1)上記の国・地域を除く全ての国に所在する日本国大使館又は総領事館で4月2日までに発給された一次・数次査証の効力を停止。

(2)上記の国・地域を除く全ての国・地域に対する査証免除措置を順次停止。

(3)上記の国・地域との間のものを除く全てのAPEC・ビジネス・トラベル・カードに関する取決めに基づく査証免除措置の適用を順次停止

※これまでに決定した査証制限等の措置が適用されている国・地域については、その措置を4月末日までの間、引き続き実施する。

※4月3日午前0時から4月末日までの間実施(更新可)

 

これまでご参照いただいていた、官邸のページはまだ更新されておりませんが、外務省のページは更新されておりますので、ご参照ください。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C046.html

 

感染症危険情報の情報は、こちらで確認できます。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T084.html#ad-image-0

 

引き続き十分御留意いただき、また周知いただきますよう、お願いいたします。

―――〔以上〕―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


関係者 各位(令和2年3月27日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由で埼玉県から、3月26日に開催された第8回新型コロナウイルス対策本部会議資料の情報提供がありました。
本会と致しましては、積極的に感染防止・拡散防止の対策に努めて参ります。

つきましては、本会では別添通知のとおり取り組んで参りますので、皆さまにおかれましても感染拡大を食い止めるためにも、一歩踏み込んだ対応をご検討願います。

・・・【参考1:イベントにおいても、クラスター発生のリスクが高い3つの条件】・・・
(1)換気の悪い密閉空間、(2)多数が集まる密集場所、(3)間近で会話や発声をする密接場面
この3つが同時に重なる状況を避けていただくとともに、手指の消毒や咳エチケットなどの感染防止対策を徹底し、こうした対策が確保できない場合には中止または延期を検討くださるようお願いします。

また、やむを得ず理事会や総会、上位の大会につながる予選会等を開催する場合は、主催者として関係者の皆さまに上記の趣旨を説明するとともに、互いに遵守するよお声かけ頂くなど、意識をもって対応願います。

・・・【参考2:令和2年3月20日付け「各種スポーツイベントの開催に関する考え方について(令和2年3月20日時点)」】・・・
【多くの人が参加する場での感染対策のあり方の例】
・人が集まる場の前後も含めた適切な感染予防対策の実施
・クラスター(集団)感染発生リスクの高い状況の回避
・感染が発生した場合の参加者への確実な連絡と行政機関による調査への協力
・終了後の懇親会は、開催しない・させないようにする。

日々の状況で、対応が刻々と変化していくところですが、スポーツ団体一丸となり新型コロナウイルスの感染防止にご協力ください。

令和2年3月27日埼スポ協第1105号

【事務連絡】 各種スポーツイベントの開催に関する考え方について(200320)

【令和2年3月13日】県主催イベント等の取扱いについて

200326 会議資料(陽性者数の状況 含む)

第8回 知事訓示

 


関係者 各位(令和2年3月27日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁から新たな新型コロナウイルス感染症に関する

情報提供がありましたのご連絡致します。

 

各貴団体等におかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

各団体の加盟団体及び関係者等に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・〔以下スポーツ庁からのメール内容〕・・・・・・・・・・・・・・・

◆(第五報)新型コロナウイルス感染症への水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置

標記の件につきまして、これまでも御連絡させていただいておりましたが、更なる措置が決定いたしましたので、御連絡いたします。

先ほど第23回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、新型コロナウイルス感染症への水際対策の

抜本的強化に向けた新たな措置追加として、以下の項目が実施されることとなりました。

〇入国拒否対象地域の追加(法務省)

入管法に基づき入国拒否を行う対象地域として、欧州21か国(注)及びイランの   全域を  指定。

14日以内にこれらの地域に滞在歴のある外国人は、特段の事情がない限り、入国拒否対象とする。

(注)アイルランド、アンドラ、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、デンマーク、

ドイツ、ノルウェー、バチカン、フランス、ベルギー、ポルトガル、マルタ、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク

上記措置は、3月27日午前0時から当分の間、実施することとなります。

(ただし、実施前に外国を出発し、実施後に本邦に到着した者は、対象といたしません。)

〇中国及び韓国に対して実施中の水際対策の継続

第17回新型コロナウイルス感染症対策本部(令和2年3月5日開催)において、

3月末日までの間実施することとした検疫の強化、航空機の到着空港の限定等、査証の制限等の措置の実施期間を更新し、

4月末日までの間、実施する。右期間は、更新することができる。

 

また、上記以外にも「検疫の強化」及び「査証の制限等」の措置が3月28日午前0時から4月末日までの間、実施されることとなりました。

詳細は、リンク先の対策本部が開催された際に使用された資料を御確認ください。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020326.pdf

該当は10ページです。

引き続き十分御留意いただき、また周知いただきますよう、お願いいたします。

・・・・・・・・・・・・〔以上〕・・・・・・・・・・・・・・・

 


関係者 各位(令和2年3月26日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁からの新たな新型コロナウイルス感染症に関する

情報提供がありましたのでご連絡致します。

 

各団体等におかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容をご確認いただくとともに、

関係者等に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・〔以下スポーツ庁からのメール内容〕・・・・・・・・・・・・・・・

◆コロナウイルス対応に関する各国の危険レベルについて各国の感染症危険情報引き上げについての御連絡です。

報道等にも出ておりますが、感染者の増加等の各種事情を勘案し、各国の感染症危険情報が

以下の通り引き上げられましたので、以下のとおりお知らせいたします。

 

【感染症危険情報レベル2】(不要不急の渡航は止めてください)

・東南アジア7か国(ブルネイ,シンガポール,マレーシア,タイ,フィリピン,インドネシア,ベトナム)

・中東・アフリカ5か国(バーレーン,カタール,イスラエル,コンゴ(民))

 

【感染症危険情報レベル3】(渡航中止勧告)

欧州3か国(アイルランド,ポルトガル,スウェーデン)

 

【危険情報レベル2】(不要不急の渡航は止めてください)

世界全体

※危険情報:感染症危険情報とは異なり,治安情勢をはじめとした安全対策の目安を示すもの。

 

  • 全世界に対する広域情報の発出

※なお、海外安全HPにも上記変更が反映されています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

引き続き十分御留意いただき、また周知いただきますよう、お願いいたします。

・・・・・・・・・・・・〔以上〕・・・・・・・・・・・・・・・

 


関係者 各位(令和2年3月24日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁から情報提供がありましたので対応をお願いいたします。

各団体におかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

下記をご確認いただき、引き続き新型コロナウイルス感染症への対応をお願いいたします。

・・・・・・・・・〔スポーツ庁からのメール〕・・・・・・・・・

各都道府県スポーツ施設 主管課 御中

各政令指定都市スポーツ施設 主管課 御中

お世話になっております。

標記の件につきまして、以下のとおり、さらなる措置がまいりましたので御連絡いたします。

「米国全域からの入国者に対し、検疫所長の指定する場所で14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請する。

本措置は、3月26日午前0時以降に出発し、本邦に来航する飛行機又は船舶を対象とし、4月末日までの間、実施する。右期間は、更新することができる。」

(参考:第22回新型コロナウイルス感染症対策本部資料)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020323.pdf

 

該当は7ページです。

米国に関しまして、本措置では現時点で「検疫の強化」のみとなっておりますが、今後、入国拒否や査証制限も加わる可能性もあります。

都道府県におかれては、域内の市区町村(指定都市を除く)へ情報提供いただきますようお願いいたします。

※すでに同様の内容が情報提供されている場合は、御放念いただきますようお願いいたします。

 


関係者 各位(令和2年3月24日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁から情報提供がありましたので対応をお願いいたします。

各団体におかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

各加盟団体や関係者等に対し、て周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・〔以下スポーツ庁からのメール内容〕・・・・・・・・・・・・

◆(第四報)新型コロナウイルス感染症への水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置

標記の件につきまして、これまでも御連絡させていただいておりましたが、

更なる措置が決定いたしましたので、御連絡いたします。

 

先ほど第22回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、新型コロナウイルス感染症への水際対策の

抜本的強化に向けた新たな措置(検疫の強化)に追加として、以下の項目が実施されることとなりました。

 

「米国全域からの入国者に対し、検疫所長の指定する場所で14 日間待機し、国内において公共交通機関を

使用しないことを要請する。

本措置は、3月26 日午前0時以降に出発し、本邦に来航する飛行機又は船舶を対象とし、4月末日までの間、実施する。

右期間は、更新することができる。」

 

(参考:第22回新型コロナウイルス感染症対策本部資料、該当7ページ)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020323.pdf

 

米国に関しまして、本措置では現時点で「検疫の強化」のみとなっておりますが、今後、

入国拒否や査証制限も加わる可能性もあります。その際は、また、御連絡させていただきます。

引き続き十分御留意いただき、また周知いただきますよう、お願いいたします。

・・・・・・・・・〔以上〕・・・・・・・・・・・・

 


関係者 各位(令和2年3月24日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁から情報提供がありましたので対応をお願いいたします。

各団体におかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

各加盟団体や関係者等に対し、て周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

なお、第一報、第二報については念のため第三報の後に追記してあります。

・・・・・・・・・〔以下スポーツ庁からのメール内容〕・・・・・・・・・・・・

◆(第三報)新型コロナウイルス感染症への水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置

標記の件につきまして、従前より拡大された措置が取られることになりましたので、以下のとおり御連絡いたします。

昨日、第20回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、新型コロナウイルス感染症への水際対策の

抜本的強化に向けた新たな措置に追加として、以下の項目が3月19日午前0時から当分の間、実施されることとなりました。

<入国拒否対象地域の追加(法務省)>

入管法に基づき入国拒否を行う対象地域として、

イタリア、スイス及びスペインのそれぞれの一部地域(※注)並びにアイスランドの全域を追加指定。

14日以内にこれらの地域に滞在歴のある外国人は、特段の事情がない限り、入国拒否対象とする。

(※注)

イタリア:ヴァッレ・ダオスタ州、トレンティーノ=アルト・アディジェ州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、リグーリア州

スイス:ティチーノ州、バーゼル=シュタット準州

スペイン:ナバラ州、バスク州、マドリード州、ラ・リオハ州

上記以外にも「検疫の強化」及び「査証の制限等」の措置が3月21日午前0時から4月末日までの間、実施されることとなりました。

詳細は、リンク先の対策本部が開催された際に使用された資料を御確認ください。

 

なお、以前出された「新たな措置」が打ち消されたわけではありませんので、御注意ください。

(中国・韓国・イラン(一部地域)に対する入国拒否は引き続き適応されており、

中国・韓国等に対する検疫の強化や査証の制限等も引き続き適応されております。)

 

<資料>(該当10ページ)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020318.pdf

引き続き十分御留意いただき、また周知いただきますよう、お願いいたします。

 

・・・・・・・・・〔以上〕・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・◆(第二報)〔以下スポーツ庁からのメール内容〕・・・・・・・・・・・・

新型コロナウイルス感染症への水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置

標記の件につきまして、第二報を送付いたします。なお、第一報につきましては直下メールをご確認ください。

 

文部科学省が厚生労働省等に確認したところ、中国・韓国に加え、イラン(の一部)、イタリア(の一部)

及びサンマリノ共和国から帰国する日本人についても、到着空港におけるPCR検査及び健康観察に加え、

14日間の自宅等待機と公共交通機関自粛要請がなされるとの情報が入りました。

現時点で既に運用されているようですが、いつから運用されているか等、詳細な情報は収集に努めている段階です。

取り急ぎご連絡いたします。

 

対象となる地域は以下のとおりです。

・イラン・イスラム共和国:

ギーラーン州,コム州,テヘラン州,アルボルズ州,イスファハン州,

ガズヴィーン州,ゴレスタン州,セムナー ン州,マーザンダラン州,マルキャズィ州,ロレスタン州

・イタリア共和国:ヴェネト州,エミリア=ロマーニャ州,ピエモンテ 州,マルケ州,ロンバルディア州

・サンマリノ共和国:全ての地域

 

※なお、外国人については、上陸の申請日前14日以内に上記の地域における滞在歴がある場合は、

出入国管理及び難民認定法第5条第1項第14号に該当する外国人として、

法務省では、特段の事情がない限り上陸を拒否することとしています。

(法務省HP:http://www.moj.go.jp/content/001316538.pdf)

 

中韓の際とは違い、事前のお知らせができず、大変恐縮ですが、引き続き十分留意いただき、

加盟・登録団体に対して周知いただきますようよろしくお願いいたします。

 

◆各国感染症危険情報の引き上げ

報道等にも出ておりますが、感染者の増加等の各種事情を勘案し、以下の各国の一部地域の感染症危険情報が

以下の通り引き上げられました。

 

<欧州>

1 レベル2(不要不急の渡航は止めてください)に引上げ

・スイス:ティチーノ州

・スペイン:マドリード州,バスク州,ラ・リオハ州

(注)スイス及びスペインの上記以外の地域はレベル1を維持。

 

2 レベル1(十分注意してください)を発出

・アイスランド

・ノルウェー

・デンマーク

・スウェーデン

・オランダ

・オーストリア

・スロベニア

・ベルギー

・モナコ

・リヒテンシュタイン

・アンドラ

・ルクセンブルク         計12か国

(注)ドイツ及びフランスについてもレベル1を維持。

 

<中東>レベル1(十分注意してください)を発出

・カタール

・バーレーン

 

<米国>レベル1(十分注意してください)を発出

・ワシントン州

 

※なお、海外安全HPにも上記変更が反映されています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

引き続き十分御留意いただき、また周知いただきますよう、お願いいたします。

 

・・・・・・・・〔以上〕・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・◆(第1報)〔以下スポーツ庁からの周知内容〕・・・・・・・・・・・・

3/5に第17回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、新型コロナウイルス感染症への水際対策の

抜本的強化に向けた新たな措置として、以下の項目が3月7日午前0時から当分の間、実施されることとなりましたので、

周知いたします。

また、他にもいくつかの措置が3月9日午前0時から3月末日までの間、実施されることとなりましたので、

リンク先の対策本部資料を御確認ください。

◆新型コロナウイルス感染症への水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置

1.入国拒否対象地域の不断の見直し(法務省)(3月7日午前0時から当分の間実施)

韓国及びイランに対して包括的な入国禁止措置の適用を可能とし、韓国及びイランのそれぞれの一部地域(注)を追加指定。

(注)韓国:慶尚北道慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡

イラン:コム州、テヘラン州、ギーラーン州

2. 検疫の強化(厚生労働省)(3月9日から3月末日まで実施)

3. 航空機の到着空港の限定(国土交通省)(3月9日から3月末日まで実施)

4. 査証の制限等(外務省)(3月9日から3月末日まで実施)

5. 水際対策に関する日中韓を始めとする国際協力の強化

※詳細はリンク先の資料をご確認ください。(該当:8ページ資料2)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020305.pdf

 

◆水際対策の抜本的強化に関するQ&Aを厚生労働省が公表

水際対策の具体的な対象範囲や待機場所、移動手段等について、Q&A方式で記載されております。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

 

以下のHP等でも、水際対策やメッセージが掲載されていますので、ご参考としてお送りさせていただきます。

外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005119.html

在中国日本大使館 https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000196.html

在大韓民国日本国大使館 https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/safety_200306_3.html

 

◆コロナウイルス対応に関する海外安全HPについて

感染者の増加等の各種事情を勘案し、イタリア及び韓国の一部地域の感染症危険情報が以下のとおり引き上げられました。

〇伊・ロンバルディア州に対する感染症危険情報をレベル3(渡航は止めてください)に引き上げ

(ヴェネト州及びエミリア=ロマーニャ州に対する感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航は止めてください)を継続)

〇慶尚北道奉化郡をレベル3(渡航中止勧告)に引き上げ

(大邱広域市及び慶尚北道慶山市,安東市,永川市,漆谷郡,義城郡,星州郡,

清道郡及び軍威郡に対する感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)及び

これら以外の韓国全土に対するレベル2(不要不急の渡航自粛の勧告)を継続)

 

※なお、海外安全HPにも上記変更が反映されています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/

・・・・・・・・・〔以上〕・・・・・・・・・・・・

 


関係者 各位(令和2年3月23日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁から情報提供がありましたので対応をお願いいたします。

下記及び別添をご確認いただき、イベント開催について適切に対応されるとともに、

最新の情報に基き、引き続き安全確保に細心の注意を払っていただきますようお願いいたします。

200320 各種スポーツイベントの開催に関する考え方について

・・・・・・・・・〔以下スポーツ庁からのメッセージ〕・・・・・・・・・・・・

お世話になっております。

スポーツ庁健康スポーツ課の太田と申します。

本日、総理より、全国規模の大規模イベント等の主催者が、昨日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で

示された見解(「主催者がリスクを判断して慎重な対応が求められる」)を踏まえた判断を行う場合は、

専門家会議が示した「多くの人が参加する場での感染対策のあり方の例」も参考にすることや、

引き続き、感染拡大の防止に十分留意すること等をお願いするメッセージが出された事を踏まえ、

別添の通り事務連絡をお送りいたします。

本件について、御確認いただくとともに、各スポーツ関係団体におかれては、加盟・登録団体に対して、

各都道府県・指定都市スポーツ主管課におかれては、域内の市区町村スポーツ主管課、その他の関係機関に対しても

周知いただくようお願いします.

どうぞよろしくお願いいたします。

 


関係者 各位(令和2年3月19日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由で埼玉県で3月18日に開催された

「第7回新型コロナウイルス対策本部会議」において、別添のとおり対応することとなった旨、情報提供がありましたので
ご連絡致します。
各加盟団体及び関係諸機関に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

0318第7回新型コロナウイルス対策本部会議資料

R2.3.18 知事訓示


関係者 各位(令和2年3月19日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁から情報提供がありましたので転記致します。

下記をご確認いただき、引き続き新型コロナウイルス感染症への対応をお願いいたします。

・・・・・・・・・〔スポーツ庁メール内容〕・・・・・・・・・

各都道府県スポーツ施設 主管課 御中

各政令指定都市スポーツ施設 主管課 御中

 

お世話になっております。

標記の件につきまして、従前より拡大された措置が取られることになりましたので、以下のとおり御連絡いたします。

先ほど第20回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、新型コロナウイルス感染症への水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置に追加として、以下の項目が3月19日午前0時から当分の間、実施されることとなりました。

入国拒否対象地域の追加(法務省)

入管法に基づき入国拒否を行う対象地域として、イタリア、スイス及びスペインのそれぞれの一部地域(注)並びにアイスランドの全域を追加指定。14日以内にこれらの地域に滞在歴のある外国人は、特段の事情がない限り、入国拒否対象とする。(注)イタリア:ヴァッレ・ダオスタ州、トレンティーノ=アルト・アディジェ州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、リグーリア州スイス:ティチーノ州、バーゼル=シュタット準州スペイン:ナバラ州、バスク州、マドリード州、ラ・リオハ州

 

上記以外にも「検疫の強化」及び「査証の制限等」の措置が3月21日午前0時から4月末日までの間、実施されることとなりました。

詳細は、リンク先の対策本部が開催された際に使用された資料を御確認ください。

なお、以前出された「新たな措置」が打ち消されたわけではありませんので、御注意ください。

(中国・韓国・イラン(一部地域)に対する入国拒否は引き続き適応されており、中国・韓国等に対する検疫の強化や査証の制限等も引き続き適応されております。)

 

【 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020318.pdf 】

該当は10ページです。

 

引き続き十分御留意いただきよう、よろしくお願いいたします。

都道府県におかれては、域内の市区町村(指定都市を除く)へ情報提供いただきますようお願いいたします。

※すでに同様の内容が情報提供されている場合は、御放念いただきますようお願いいたします。

 


関係者 各位(令和2年3月18日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由でスポーツ庁からの情報提供がありましたので転記致します。

下記をご確認いただき、引き続き新型コロナウイルス感染症への対応をお願いいたします。

・・・・・・・・・〔スポーツ庁からのメール内容〕・・・・・・・・・

各都道府県スポーツ施設 主管課 御中

各政令指定都市スポーツ施設 主管課 御中

お世話になっております。

標記の件について、当省初等中等教育局健康教育・食育課より各都道府県・指定都市教育委員会総務課・指導事務主管課・学校保健担当課等あてに事務連絡を発出されておりますので、情報提供いたします。

 

新型コロナウイルス感染症対策のための小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における一斉臨時休業及び春季休業期間に関するQ&Aの送付について(3月17 日時点)

https://www.mext.go.jp/content/20200317-mxt_kouhou01-000004520_2.pdf

 

3月12日に情報提供させていただいた、臨時休業期間中(問44)に追加して、春季休業期間について(問45)P26に公共スポーツ施設の記載があります。

御確認いただき、地域の実情に応じ適切に対応いただきますようお願いいたします。

 

問45 春季休業期間中に、学校の校庭や体育館、公共スポーツ施設を開放して、児童生徒が運動する機会を提供してもよいのか。[新規]

○ 春季休業期間中においても引き続き、児童生徒の健康保持の観点から、学校の校庭や体育館、公共スポーツ施設の開放を設置者や学校等において検討するなど、児童生徒の運動する機会を確保していただきたいと考えます。

○ この場合、一度に大人数が集まって人が密集する運動とならないよう配慮することが必要です。

○ 特に、屋内である体育館の開放については、ドアを広く開け、こまめな換気や消毒液の使用(消毒液の設置、児童生徒が手を触れる箇所の消毒)など、感染拡大防止のための防護措置等を講じていただくようお願いいたします。

都道府県におかれては、域内の市区町村(指定都市を除く)へ情報提供いただきますようお願いいたします。

※すでに同様の内容が情報提供されている場合は、御放念いただきますようお願いいたします。

 


関係者 各位(令和2年3月18日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会経由で埼玉県で3月13日に開催された

「第6回新型コロナウイルス対策本部会議」において、別添のとおりの対応となった旨、

連絡がありましたのでお送り致します。

各加盟団体及び関係諸機関に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

3月13日知事訓示

0313第6回新型コロナウイルス対策本部会議資料


関係者 各位(令和2年3月11日 現在)

公益財団法人日本スポーツ協会経由でスポーツ庁から新たな新型コロナウイルス感染症に関する

周知依頼がありましたのでご連絡致します。

200310_各種スポーツイベントの開催に関する考え方について(令和2年3月10日時点)(事務連絡)

各関係団体等におかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

各加盟団体及び関係諸機関に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・〔以下スポーツ庁からのメール内容〕・・・・・・・・・

◆各種スポーツイベントの開催に関する考え方について(令和2年3月10日時点)

令和2年3月10日、総理より、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の判断が示されるまでの間、

今後概ね10 日間程度はこれまでの取組を継続いただくよう御協力をお願いするメッセージが

出された事を踏まえ、別添の通り事務連絡をお送りいたします。

 

本件について御確認いただくとともに、各スポーツ関係団体におかれては、加盟・登録団体に対して、

各都道府県・指定都市スポーツ主管課におかれては、域内の市区町村スポーツ主管課、

その他の関係機関に対しても周知いただくようお願いします。

 


関係者 各位(令和2年3月10日 現在)

公益財団法人日本スポーツ協会経由でスポーツ庁から新たな新型コロナウイルス感染症に関する

周知依頼がございましたのでお送りいたします。

 

各団体等におかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

加盟団体及び関係諸機関に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

―――――〔以下スポーツ庁からの周知内容〕――――――――――

3/5に第17回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、新型コロナウイルス感染症への水際対策の

抜本的強化に向けた新たな措置として、以下の項目が3月7日午前0時から当分の間、実施されることとなりましたので、

周知いたします。

また、他にもいくつかの措置が3月9日午前0時から3月末日までの間、実施されることとなりましたので、

リンク先の対策本部資料を御確認ください。

 

◆新型コロナウイルス感染症への水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置

1.入国拒否対象地域の不断の見直し(法務省)(3月7日午前0時から当分の間実施)

韓国及びイランに対して包括的な入国禁止措置の適用を可能とし、韓国及びイランのそれぞれの一部地域(注)を追加指定。

(注)韓国:慶尚北道慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡イラン:コム州、テヘラン州、ギーラーン州

2. 検疫の強化(厚生労働省)(3月9日から3月末日まで実施)

3. 航空機の到着空港の限定(国土交通省)(3月9日から3月末日まで実施)

4. 査証の制限等(外務省)(3月9日から3月末日まで実施)

5. 水際対策に関する日中韓を始めとする国際協力の強化

※詳細はリンク先の資料をご確認ください。(該当:8ページ資料2)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020305.pdf

 

◆水際対策の抜本的強化に関するQ&Aを厚生労働省が公表

水際対策の具体的な対象範囲や待機場所、移動手段等について、Q&A方式で記載されております。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

 

以下のHP等でも、水際対策やメッセージが掲載されていますので、ご参考としてお送りさせていただきます。

外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005119.html

在中国日本大使館 https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000196.html

在大韓民国日本国大使館 https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/safety_200306_3.html

 

◆コロナウイルス対応に関する海外安全HPについて

感染者の増加等の各種事情を勘案し、イタリア及び韓国の一部地域の感染症危険情報が以下のとおり引き上げられました。

〇伊・ロンバルディア州に対する感染症危険情報をレベル3(渡航は止めてください)に引き上げ

(ヴェネト州及びエミリア=ロマーニャ州に対する感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航は止めてください)を継続)

〇慶尚北道奉化郡をレベル3(渡航中止勧告)に引き上げ

(大邱広域市及び慶尚北道慶山市,安東市,永川市,漆谷郡,義城郡,星州郡,

清道郡及び軍威郡に対する感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)及び

これら以外の韓国全土に対するレベル2(不要不急の渡航自粛の勧告)を継続)

 

※なお、海外安全HPにも上記変更が反映されています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/


関係者 各位(令和2年3月6日 現在)

埼玉県スポーツ振興課より、3月5日に開催された「第5回新型コロナウイルス対策本部会議」において、
別添のとおりの対応となった旨の通知がございました。

貴所属団体及び関係諸機関に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

01 次第

02 本部会議資料

03 知事訓示


関係者 各位(令和2年3月2日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会よりクラスター感染拡大防止について各種周知依頼がありましたので、

お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

貴所属団体及び関係諸機関に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

0225コロナウイルス対策基本方針

0228 県記者発表資料

0301 厚生労働省記者発表資料


関係者 各位(令和2年2月28日 現在)

公益財団法人埼玉県スポーツ協会より各種周知依頼がありましたので、

お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、

貴所属団体及び関係諸機関に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

新型コロナ対策本部係る対応(特追加)

知事からのメッセージ

総理発言


関係者 各位(令和2年2月27日 現在)

文部科学省から示された「児童生徒等に新型コロナウイルス感染症が発症した場合の対応について(第二報)」
を踏まえたスポーツ少年団活動のお願いについてお願いとなります。

児童生徒等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について(第二報)

新型コロナウイルス感染症拡大に配慮したスポーツ少年団活動のお願い


関係者 各位(令和2年2月27日 現在)

県危機管理防災部より、本日開催された「第3回新型コロナウイルス対策本部会議」において、
埼玉県主催イベント等の取り扱いの連絡がありましたのでご連絡致します。

県主催イベント等の取扱いについて


関係者 各位(令和2年2月21日 現在)

新型コロナウイルス感染症に関する情報について、JSPO経由でスポーツ庁から周知依頼がありましたのでお送りいたします。
皆さまにおかれましては、お忙しいところ大変恐縮ですが、通知の内容を踏まえて適切にご対応いただくとともに、
貴所属団体及び関係諸機関に対し、本件について周知いただきますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

200221 各種スポーツイベントの開催に関する考え方について(事務連絡)(統括団体等宛)【PDF】

・・・・・・・・・〔以下スポーツ庁からの周知内容〕・・・・・・・・・

令和2年2月20日に,新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,厚生労働大臣からイベントの開催に関する考え方についてメッセージが示されました。

その中で,「最新の感染の発生状況を踏まえると,例えば屋内などで,お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが,感染のリスクを高めるとされています。イベント等の主催者においては,感染拡大の防止という観点から,感染の広がり,会場の状況等を踏まえ,開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお,イベント等の開催については,現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません。」とされています。

各種スポーツイベントの開催は,主催者の判断の下,行っていただくことになりますが,開催にあたっては,感染機会を減らすための工夫を講じていただくようお願いします。例えば,参加者への手洗いや咳エチケットの推奨や,こまめな換気の実施,風邪のような症状のある方には参加をしないよう徹底するとともに,アルコール消毒薬の設置等,可能な範囲で,感染拡大の防止に努めていただくようお願いします。

なお,新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや重症度を見ながら,必要に応じて,最新の情報や追加的な留意事項を提供する場合があることを申し添えます。コロナウイルス感染症については,日々状況が変化しているところであり,当庁より事務連絡等を発出した際には,今後,文部科学省のホームページに掲載してまいりますので,こまめにご確認いただくとともに,最新の情報を入手いただき,引き続き安全確保に細心の注意を払っていただくようお願いします。

本件については,各加盟・登録団体に対しても周知されるようお願いします。

 

○関連情報ホームページ

・文部科学省ホームページ「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について」

https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html

 

・新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について

(内閣官房ホームページ)

http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

 

・イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ

(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html