レポート

1日、さいたま市主催 小学生タグラグビー教室

1日、レッズランドでさいたま市スポーツ振興課主催「小学生タグラグビー教室」が開催されました。16名の参加があり、全員がラグビー・タグラグビー未経験者で初めての体験となりました。タグラグビーはタックルではなく、腰につけたタグを取ることで相手のプレーを止めるルールのため、参加者は安心してラグビーを体験することができました。

教室終了後は元ラグビー日本代表の堀越正巳さんによる講演(お話し)があり「ラグビーのいいところは、いろいろなポジションがあるため、体の大きい選手と小さい選手が関係なく一緒にできるスポーツ。ラグビーで大切なのは、チームの為に個人をどれだけ犠牲にできるかが大切」と語り、最後に子供たちに向けて「夢・目標に向かって何をするか。夢が叶わなくても色々チャレンジしていけば新しい夢・目標ができるから、何事にも頑張ってほしい。」とエールをいただきました。

また、ラグビーワールドカップ開催を記念し、横断幕に寄せ書きも行い、教室を締めくくりました。