レポート

28日、市ソフトボール協会『エリートジュニア育成事業」開校

さいたま市の助成金を受けて、さいたま市ソフトボール協会は28日、埼玉栄女子ソフトボール部グランドで、社会人ソフトボールチームの埼玉県庁クラブと埼玉栄高校女子ソフトボール部の指導協力を得て、「エリートジュニア教室」を開校しました。小学生は15人、中学生15人の参加があり、浅見茂同協会会長のもと、体力測定、投げる力などの基本的な技術を定年に指導していました。