レポート

4日、市ソフトボール協会「エリートジュニア育成事業」開催

さいたま市から小学生、中学生を対象に、将来、国際大会や国内大会で活躍できる選手育成を目的に、スポーツ助成金をうけて、さいたま市ソフトボール協会(浅見茂会長)は4日、県立浦和商業高校グランドで「エリートスクール」を開校いたしました。講師には、協会の浅見会長ほか、埼玉県庁ソフト―ボールクラブ、浦和商業女子ソフトボール部の協力のもと、今回は中学校を対象に1,2年生約80人が参加しました。